grupetto

ロードレースを少しだけ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

刺さる理由

シーズン中ですが、けが人の私はポジションいじったりしています。

サドル交換は合わなかったのですど、ひとつ気づいたこと。

サドルに刺さっていますねー、ってことをjSPORT’sで見聞きしますけど、

どうしてサドルに刺さるのか?

いつぞやは、意識して無理してサドルの前に座って独走したこともありました。

今回のサドル交換は合いませんでしたが、得たことが大きかった。

「引けば、刺さるのはあたりまえ!」

以上。
関連記事
  1. 2011/06/16(木) 23:39:56|
  2. 自転車
  3. | コメント:4

« 第8回 JBCF 富士山ヒルクライム|Top|チームジャージ »

コメント

刺さる

MTBは刺さって登坂するのが常識です。
くせになる?(笑

以上

Re:

なるほど、Mな方が多いのも妙に納得です!
それにしても坂で刺される(=受動形)のが常識とは・・・・・

大腿が逝きそうですが、その前に脳が昇天するから亢進状態でしょうか(笑

サドル合いませんでしたか~ 残念です
一部の(合う)人からは「神サドル」とか呼ばれてるんですけどねぇ・・・
確かにあの前に座るのは痛いですね(**)

Re:

前乗りは全く考えていないんですけど、下ハンドルを引く乗り方を試してふと考えただけです。
神サドル・・・・・サポートがいいですね。
いま乗っているSLRよりも更に掛かって魅力的なだけに残念です。
殿筋きたえてまた試してみます。5850

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。