grupetto

ロードレースを少しだけ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第2回全日本実業団 3day's Road 熊野 レースレポ

2010052905.jpg

■ 6月28日(金)和歌山県新宮市・熊野川町赤木川清流コース 16.3㎞×4周
・ 当初予定が変更され、BR(出走者はたぶん60人程)、ER(たぶん40人程)同時スタートとアナウンス。ER内では、どよめき。
・ スタート間近には、スピーカーからのアナウンスと音楽の音量up、気分最高潮で発射。
・ とりあえず、BRに遠慮して、集団後方に位置。落車を回避しやすいように左端を走行。
・ 登坂した後のコース折り返し地点は、農家集落内の狭い路を一列棒状。すぐにある登りまで、みんな足を使う区間。
・ ゴール手前には、狭い区間へ強制左折。しかも一部はコンクリ激坂。スタート地点以後1~2kmまで一列棒状で足を使う。
・ 2周目、すぐに、てんこ盛り落車。急制動・間一髪。
・ 1周目の反省から、折り返し地点は、集団中程でクリア。ゴール手前の区間には、より前の位置で突入。
・ しかし、次の3周目のゴール手前の激坂区間は、集団後方。
・ ラストとなる4周目のスタート地点以後はかなり足を使って、前方集団に追いつこうとするも、追いつけず。
・ そして、後から来た小集団に必死に、モガいてなんとか最後尾に付く。程なくして集団復帰。
・ 折り返し前の登りで最後尾。農家集落内を抜けて、一列棒状のラストを行くも、千切れる。
・ その後は一人旅。
・ 前方の2人に追いつこうと頑張るも追いつけず。
・ 最後まで練習と思って踏み、一人ゴール。ERクラス12位。


2010053005.jpg

■ 6月29日(土)三重県熊野市・熊野山岳コース 48.1㎞
・ 1日目とは違い、BRの1分後スタート
・ 最初の坂で2人アタックするも、集団は元気、自然回収。以後、ペース。
・ 折り返し地点で、BRとすれ違う。BRも逃げなし?
・ メインイベントの千枚田の登り。集団前方が見える位置でクリアしたので、ゴールまで先頭集団とほくそ笑む。
・ すぐの激下りでは、2人極端に遅い人を抜いただけ。前方4人目程が遅い。
・ 下り終わってみると、先頭は見えず。
・ 7人程かな、小集団形成し、下り基調を協力して、先頭交代。
・ 程なくして、大きめの集団が見える。BRからこぼれた人を吸収した先頭集団かな?
・ 追いつけると声をかけ合ったりしながら、非常に協力できた追走集団。下り基調のため、ハイスピードを維持し、今日も気分最高!
・ 結局、ゴール手前3km地点でのちょっとした坂でかなり前方集団に肉薄。
・ しかし、後から未登録が曳く集団に追いつかれて、いよいよ登りゴール区間へ突入。
・ 足あります!集団頭は取れるかも。
・ しかし、下を向いてモガイていたら、前方集団からこぼれた人に気付くのが遅れ、避けるも失速。
・ 再度踏み直すも集団内。クラス18位ゴール。


2010053105.jpg

■ 6月30日(日)和歌山県太地町・太地半島周回コース 9.6㎞×6周
・ BRスタート後、30秒してER発射。
・ 先行するBRに追いつこうと前日ワンツーfinishの三船さんのチーム2人が猛烈にコントロール。
・ 2kmからの登りでERに追いつき。上がってから振り返るとER激減。
・ 4.3Km地点では集団後方で下っていると、道路中央走行していた人が段差でよろめき、周りはふくらむ。
・ 左端を走行していた私は、必死に減速。2回ロックしながらも何とか大きな側溝にはまらずに済む。
・ 安心するも以後のゆるい登りがきつい。
・ 7Km地点の小学校からは、集落内で一列棒状。そしてメイン道路までのゆるい上りも足が重い。
・ 2周目、スタートゴール地点でも集団後方。
・ そして、登り区間で千切れる。ER12人はメインに残っている。以後、BRの人と周回。
・ 3~4周目は、後ろから追いついてきた5,6人で小集団。完走目指して協調。
・ しかし、5周目の中間地点でメインから5分以上遅れていたため、the end
・ あと1周回が叶わず。


2010053106.jpg
special thanks 監督、副監督

関連記事
  1. 2010/06/03(木) 23:36:26|
  2. 自転車
  3. | コメント:0

« 南阿蘇へ|Top|第2回全日本実業団 3day's Road 熊野 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。