grupetto

ロードレースを少しだけ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マイナス1本

到着すんでのカーブで後輪がズル・・・パンクです。
駐輪しているところまで乗ってパンク修理。

そして第2弾。

携帯ポンプ(Silca)がズル・・・柄の部分が脱落。
2008100700.jpg

2008100701.jpg
アルミ部分の先がネジ山になって、黒プラスチックの柄の部分がメス側ですが、
すっぽりと抜けてしまい、バカねじ状態でした。

空気は3割程入れたところ、帰りは段差に注意して帰宅。


私の腕力なんて高が知れています。
通勤号はあまりパンクしていなかったので使用は少ない。
自分だけでなくチーム員のパンクの際も使用している上のポンプは健在なのに。

なぜじゃぁー。

とりあえず、怒りのアロンアルファ。
アルミとプラススチックですが。
関連記事
  1. 2008/10/07(火) 22:11:04|
  2. 自転車
  3. | コメント:4

« 脈|Top|遅くなって »

コメント

お疲れ様です。
質問しても良いですか?今日、踏んでいて思ったことが・・・
上りが続くとして、ケイデンス70から80で踏めるギアで行くのと、ケイデンス90の軽めのギアで回すのってどっちが良いのでしょうか?さらに軽いギアが余ってたとしてケイデンス100くらいで回して登る。
どれが良いのでしょうか???

真太郎さんに
「回さないといけないと意識し過ぎて、力が入り過ぎてる」
と指摘された私ですが、自分も整理する意味で以下記載します。

とりあえす、場合分け。
①脚温存、かつ、スピード維持(レースなど)
  ・ギヤ重くしてふくらはぎ使ってたら後半終わり(攣る)ます。
  ・オートポリスでは、軽めギヤで他の人より回して90~100
  ・壱岐ロード。最初の坂。落車を挽回すべ頑張るため、
   少し踏み込み気味。集団走行時は、やはり軽め。
  ・要するに、スピードは維持(他の人と同じ)出来て、
   かつ、軽いギヤってことかな。

②fun-ride(サイクリング大会など)
  ・心地よい心拍数を維持できて、かつ、軽いギヤ。

③トレーニング
  ・目標次第でしょう。
  ・重ギヤトレ(筋トレ)
  ・心拍管理トレーニング(乳酸閾値向上、インターバル)
  ・ロング乗るのときは、リズムを意識してるかな。
   カーブで斜度が上がるときにダンシングするけど、
   ギヤは一定。10度以上でも39×25Tまで
    (回転がが上がってないと怒られてますけど)

・すべての前提として、平地で100を普通に回せること。

質問は、斜度10度の箇所が出てきたりする長い坂、という
ことなら、
 100回すギヤは相当軽いでしょう。
 80~90で登っているかな。80落ちるときは斜度がきついのでダンシングして、違う筋肉使っている。

とりとめもなく、思い付くままでした。

ありがとうございます。
勉強になります。深い、非常に深い!
よく雑誌等で90、90、90と目にする物ですから・・・
平地で100を目標にやって見ます。上りでは筋トレを行います

受け売りで、しかも自分が間違っているかもしれないんで、
PM練習会に行って重鎮に聞いたがいいかも。
雑誌よりも遥かに為になりますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。