grupetto

ロードレースを少しだけ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第2回 JBCF 飯塚クリテリウム(写真編)

第2回 JBCF 飯塚クリテリウムには、川北監督、副監督に応援して頂きました。
ほか多数の方にも応援いただいたのですが、不甲斐ない結果で申し訳ございません。

監督にお願いして写真を頂きました。
写真に込められたメッセージは...(汗

2011103001.jpg

2011103002.jpg

2011103003.jpg

2011103004.jpg

2011103005.jpg

2011103006.jpg

2011103007.jpg

2011103008.jpg

 写真はブログ用に縮小させて頂きました。
photo by shintaro kawakita

スポンサーサイト
  1. 2011/10/31(月) 23:11:30|
  2. 自転車
  3. | コメント:0

第2回 JBCF 飯塚クリテリウム

第2回 JBCF 飯塚クリテリウム
昨年は最終コーナーで落者した大会は場所を替えて飯塚市で開催されました。


駐車場での1.1kmのクリテ
E2、E3の混走は今期はじめて。
天候は雨。

そこで、なんと、というか実力どうりにチーム員の雅やんが4位入賞。
1位の一丸尚吾選手は抜け出ていたようですが、彼に続く実質2位の走りでした。
残念なことに最終コーナーで少し膨らんでしまって前に二人出してしまったようです。
ただ、途中一丸選手を捕まえる動きや最終立ち上がりからの段違いのスプリントは圧巻だった


ということです。えっ、なぜか伝聞...


まっ、とりあえずは、路面状況でも。

空気圧、6.2、6.5に落としても砂利には勝てません。
よくすべりました。
途中まで見たE1もそうですが、ほんと今日は単独スリップが多かった。

私は、常に集団最後尾。
実は、自分で選んだ道です。

後ろからコーナーで頑張って突っ込んでくる人がいなくて、安全と思って。

「これ、いいんじゃ」


しかし邪な考えの私には鉄槌が下ります。
長野みやだクリテでは同様な作戦で8位とうまくいったのですが、
今回は後半になるにつれて、必死になって付いているのがやっと。

忘れてたいました、今回は乗れていないことを。
50分+2周のレースでしたが、ラスト4、5周は単独になってしまいました。

結果、完走20人の20位

出直しです。


いつも言っているような気がしないでもないですけど。



以下は、運営側への苦言です。今日、参加されている方限定ということで。

昨年は海ノ中道公園で開催された博多クリテが今回は、飯塚オートレース場の第5駐車場。

コースは、最悪。
全国から来る実業団のレースを駐車場のパイロン競争でやるなよ、と思っていたら、案の定なコースでした。

昨年の九州での開催自体が大英断だと、大々絶賛だっただけに非常に残念です。

北海道から遥々遠征している方もいます。

大阪から来た人は、「もう飽きた」といって途中やめたそうです。

来年は、是非、参加者が満足するようなコースでの開催を期待します。
  1. 2011/10/30(日) 21:34:44|
  2. 自転車
  3. | コメント:0

Coldplay - Every Teardrop Is a Waterfall






日曜日の飯塚クリテのアップで聞くやつです。
とりあえず戦闘モードにはなります。
  1. 2011/10/28(金) 23:18:39|
  2. 自転車
  3. | コメント:0

乗れたのは乗れた

2011102202.jpg

パンクした私を見捨てて、さっさと近くの自動販売機へコーラを飲みに行ったサイクルプラスな2人

ひどい、ひど過ぎる...

寂しので、両手に抱えて向かいましたよ。

2011102201.jpg

2人に全敗したスプリント練

弱い奴は見捨てられることがよーく分かった。

強くなるべし。


  1. 2011/10/22(土) 19:06:23|
  2. 自転車
  3. | コメント:0

第4回 JBCF 輪島ロードレース

2011101602.jpg

2011101601.jpg

2011101603.jpg

熊本から1000km超、15時間かけて行ってきました能登半島。
実業団ラスト3戦の第1段、「第4回 JBCF 輪島ロードレース」

厳しいコースとは分かっていましたけど、思っていた以上に登りが長すぎ、キツすぎ。

それでも、試走から体が軽く、調子いい。
今期2回目となる復帰戦、久しぶりのレースで高揚しているからでしょうか。

それで結果がでれば最高だったのですが、実際は25位...

スタートでクリート2回失敗した人のお陰でほぼ最後尾。

前を目指して、なんとか集団の最後尾

ここで安心したのが1つ目の間違い。
メイン集団と思っていたのは、後続グループでした。
どうりでペースで登れる。

もっと上を目指すべきでした。

そして2つ目の間違いは、次の登りで先頭集団が見えていたのに行かなかったこと。
ポイント獲得だけを目標にしたことで消極的になっていました。

反省、反省。

20位以内とか、みみっちい考えだとダメですね。
根本から間違っていました。

やっぱりトップを目指さないと。
  1. 2011/10/18(火) 11:19:30|
  2. 自転車
  3. | コメント:7

独り善がり

人を傷つけなることなく自分もストレスなく過ごす方法はないのでしょうか。

練習方法など良かれと思うも、一人よがりと反省。
長時間接する人との関係を変えようとしても、一人よがりかと反省。

なんて難しいのでしょう。

迷惑を掛けることがなく、独りで生きていたい。
でも、一人では生きたくなくて、生きていけるはずもない。

自分を抑えることはできず、しかしそれが正しいとは限らない。

皆さん、いろいろとすみません。
  1. 2011/10/17(月) 23:35:42|
  2. 自転車
  3. | コメント:0

朝日なpractice

2011100901.jpg

今日も朝から。

ありがたいことです。


おかげで、体は悲鳴をあげています。

自然と昼寝を欲する体。

それでも、明日も頑張ります。
  1. 2011/10/09(日) 20:45:37|
  2. 自転車
  3. | コメント:0

33の2部練

2011100801.jpg
朝早くから白石練。
7時に10本もモガかされる。

朝から吐く寸前。

雅やん、調子いい。舞洲から更に上げているか。

2011100803.jpg
PM練な2部。
2ヶ月ぶりにのる庸輔っちでも、平坦と下りはヤバい。
七城では付き切れさせれられる。

2011100802.jpg

1部、2部練に共通したこと。


わたしの足が「ぷよぷよ」だって。

やばし。

体重に変化ないのに。

大丈夫か輪島!
  1. 2011/10/08(土) 20:44:22|
  2. 自転車
  3. | コメント:4

復帰中

いい話が進行中。

第1案は誰もが納得する案。
第2案は調整が必要かな。

ところで、自分の今期2度目の復帰戦が近づいてきた。
再骨折前の体力まで戻すように、今はまたベースアップ中。

ワンパターンなメニューですが、私の基本なので必死こいてます。

戻ってくれたかどうかはレースでのお楽しみ。

  1. 2011/10/06(木) 21:09:55|
  2. 自転車
  3. | コメント:0

Steve Jobs

t_hero.png
t_title.png
  1. 2011/10/06(木) 21:03:57|
  2. その他
  3. | コメント:0

クロスロードバイシクル

2011100201.jpg

練習仲間のミヤモッチさんが自転車のプロショップをオープン

クロスロードバイシクル

早速、行ってきました福岡県は大牟田市

店内には、oldビンテージ物からウィリエールの戦闘マシンまで。

師匠と同じようにレースで走る店主のお店は本物。

実績に裏打ちされた技術を堪能してください。


という私は、この後、師匠のお店にコーヒーを飲みに行ってダベッた後は、昨日と一緒。

峠の茶屋まで 15:37
(うーん↓)

横道ラーメンから狭い道を芳野まで

1本目 11:20
(やばい)

2本目 11:22
(終わった)

と.....



  1. 2011/10/02(日) 20:37:21|
  2. 自転車
  3. | コメント:0

芳野周回

輪島ロード対策として金峰山は河内の芳野周回を朝から。
10min登り+10min下りレスト

久しぶりの実走。

1本目 11:25
2本目 10:58
3本目 10:56
4本目 11:11
5本目 10:30

タイムとか、どうでもいい?
まっ、とりあえず病み上がりの記録として。

実業団でE2で戦えるようになったのも、10分や20分をこなしてきたからと思っています。
10分以下は、最大酸素摂取量の増加や無酸素運動域のパフォーマンスアップに効果的でしょうが、結局レースでは終盤の凌ぎあいまでに残らないと話になりません。

5分で終わるような短い坂だけのレースならいいのでしょうが、実際は様々。

それに5分以下のモガキは短く、強度が高くてもなんとか我慢できる範囲でやれるのかな。
けど、10分以上となると強度を落としてもメンタル的にもきつい。

結局、底上げ、ベースアップ(乳酸閾値の向上)を図るには10分、20分を続けるのがベストかな。

まあ、家で固定だと10分は1本が限界ですけど。

ただ、実走は別、

意外とたのしく追い込めます。


帰りには、いつも御世話になっているZENさんと、711さん。
意外な顔ぶれかと思いきや同い年だそうで。
2011100101.jpg

先輩達も元気

  1. 2011/10/01(土) 23:59:59|
  2. 自転車
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。