grupetto

ロードレースを少しだけ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第2回 JBCF おおいたサイクルロードレース

第2回 JBCF おおいたサイクルロードレース
Date:2015/10/31(土) 大分市 大銀ドーム周辺特設コース4km
StartTime:9:10:00 天候:晴れ 距離:60.00km 出走:57名 完走:41名
JBCF E1クラスタ 20位

DSC_0241[1]
プロツアーの様子

大分サイクルフェスティバル開催に併せて、実業団のレースが開催されました。
土曜日は大銀ドーム周辺のロードレース、日曜日は大分駅前でのクリテリウム。
体力的に2日間は厳しいので出し切るつもり土曜日のレースだけに参加。

DSC_0234[1]
実業団初レースの新人君のバイクをチェックする川北代表、副代表の由花里さん

DSC_0235[1]
同じE1を走ったチーム員雅やんのローラー周り

昨年も走りましたが、Uターンゼロ発進の登りがあるタフなコース。
勝ち逃げの機会は逃したくない。
逆に、生き残りによる集団ゴールもあり得るので展開を見極めないと考えて参戦。

しかし、実際は、残り4周回から抜け出した4名逃げに、ラスト周回に入る登りでブリッジを掛けた3名の計7名で勝負あり。

Uターンで差が拡がっていないことを確認していてラスト吸収されると思っていました。
ラスト周回に入る登りで自然と先頭に出て今日は行けると確信していたのに、残念。

極め付けに、ラストのUターンゼロ発進では、その進入で前走車に前輪を被せてしまって痛恨のハスリ。

映像で確認してみると集団8番手ほどでUターンへ向けて下るも、ハスった後の登り開始では集団20番手。

そこから出し切って7人抜いてゴール。
(ゴボウ抜きは気持ちいい!)

今回は、前回のきらら浜クリテのトラウマで逃げに消極で、ラスト周回に入る登りでもペースアップせず温存したのが失敗でした。

しかし、E1のロードで勝負できるようになってきたので、本人的には大満足。
来年は積極的に展開できるようにこの冬は力を付けよう!


youtubeの動画
スポンサーサイト
  1. 2015/10/31(土) 23:58:58|
  2. 自転車

第4回 JBCF きらら浜クリテリウム

大星山ヒルクライムの翌日はきらら浜クリテ。
10/4(日)
きらら博記念公園・北側駐車場特設コース(1周約2.3km)
クラスタE1 14周回(32.2㎞) StartTime:14:52:00
25位/出走57名(完走43名) No.520 大村英哉 time47:50 40.38km/h PURPLE MONKEY 熊本県 オオムラフサヤ top+00:51 15P

DSC_0242.jpg

今回は久しぶりに快晴のきらら浜。でーも、爆風は同じ!
前回は全開2周回で力尽きたので風に最大の注意を払いながら位置取りに気を配りました。
1周目から集団前方をkeepし、終盤まで狙い通りの走り方が出来て体力的に余裕。

余裕といっても相当ペースが速いので、「まだ10周」、「まだ半分」などと毎周回メゲてましたけど。

そして、残り2周。
ペースアップした集団の前方に数人の逃げ。
これは「勝ち逃げだ」と思い、1コーナー抜けた爆風区間で単独ブリッジを試み全開。

しかーし、非力過ぎて集団を引き連れるだけ。しかも一杯いっぱい。
肘を立てて「繋げてお願い」

さらに、その後、集団の後方にずるずる。
結局、最強爆風区間の立ち上がりで付き切れずに終了。

ゴール後、練習仲間のS石選手から「ゼロ発進を練習させなんかった」と。
課題がはっきりしているので大分までやってみるかな。

Averages
Athlete Weight (kg): 55.00
平均速度 (km/h): 35.1
平均出力 (ワット): 0
平均心拍数 (拍/分): 160
Core Temperature (C): 38.1
Temp (C): 15.4

Maximums
Speed (km/h): 52.3
最大出力 (ワット): 0
最大心拍数 (bpm): 172
Core Temperature (C): 38.8
W' Expended (%): 0
Temp (C): 35.0

  1. 2015/10/04(日) 18:08:08|
  2. 自転車
  3. | コメント:0

第2回 JBCF 大星山ヒルクライム

10/3(土)10:09start
山口県熊毛郡平生町 大星山特設コース 全⻑約8㎞(標高差428m、平均斜度5.1%)
クラスタE1
24位/出走32名 No.520  大村 英哉 24:06 19.91 PURPLE MONKEY 15P

DSC_0237.jpg

平均斜度は5.1%ですが、残り3.5kmからは15~20%代の激坂が断続的に現れる厳しいコース。
翌日のきらら浜クリテをメインに考えていたのでヒルクライムはボチボチという感じで臨みました(年齢的にキツい・泣)。

DSC_0233.jpg

平坦区間を過ぎて激坂区間までの間に2、3回アップダウン区間があります。
結構なスピードで集団は進み、心拍を見ると175拍超え。
土日のプラス練でも最大心拍数171程度なのにレースは違います。
それでもまだまだ余裕があります。

激坂区間が迫ると集団は更にペースアップ。
頑張れば着いていけますが、明日のためにペース走と割り切り、集団をお見送り。

あとは激坂区間をリズム良く楽しむ感じで走り、ゴール前だけスプリントして追い込んで終了。
平均心拍は168拍と意外と高い数値。水曜だけ通勤練で体が休めていたのかな。

20151003DSC_0239.jpg

Averages
Athlete Weight (kg): 55.00
平均速度 (km/h): 18.0
平均出力 (ワット): 0
平均心拍数 (拍/分): 167
Core Temperature (C): 37.5
平均ケイデンス (rpm): 79
Temp (C): 25.3

Maximums
peed (km/h): 66.8
最大出力 (ワット): 0
最大心拍数 (bpm): 196
Core Temperature (C): 38.0
Cadence (rpm): 169
W' Expended (%): 0
Temp (C): 34.0
  1. 2015/10/03(土) 18:08:08|
  2. 自転車
  3. | コメント:0

第12回 JBCF 乗鞍スカイラインヒルクライム

2015年7月12日
岐阜県高山市
ヒルクライム/公道
殿下平総合交流ターミナルからスカイライン頂上までのヒルクライムコース【18.4km、標⾼差1342m、平均勾配7.2%】

足を休めないヒルクライムは嫌いです。
けど、相方の昨年痛恨のヒルクライムなのにDNFリベンジのためサイクリング目的で参加してきました。



E1は40名ほどの参加で場違い感満載。
開始5分までは5倍ほどでの強度でしたので付いていけましたが、気持ちいい感じのところでヤメといて、後はサイクリングペースで。
森林限界を超えた辺りからの絶景を何度も楽しみながら登りました。

普段はバス、タクシーしか通行できないスカイライン。
それだけでも参加する意義はありますね。

38位 324 大村 英哉 1:23:43 13.18 PURPLE MONKEY 熊本県 オオムラ フサヤ 1001247 21:27 10P

相方のタイムは驚愕の2時間台とまだまだです。ゴールでカメラ持って待っていたのに1時間待たされました。
来年も行くのかな?
  1. 2015/07/14(火) 22:29:44|
  2. 自転車

第7回 JBCF 3day’s Road 熊野

5/29~6/1金土日の3日間のレースに参戦してきました。
<1日目:新宮市大会>
赤木川清流コース16.3km×3周 E1 63位/77名出走
11332524_577974455675825_1515492790_o.jpg

早々に最後尾付近をヒラヒラ。
殺伐とした雰囲気の1日目は後方待機を選択しますが、集団後方は疲れます。
11348969_577974522342485_612509110_n.jpg

このコースは昨年もE2最終周に落車に巻き込まれてチェーン落ち。

そして、今年も。

最終周のラスト5km付近から道路左側脇のスペースを利用して前方にジャンプアップするも、目の前でハスリ落車。
何とかロックせずに回避しても集団はハルカ彼方。

がむしゃらに頑張るも、ラスト1kmの丘の前で集団に追いつくも、足を使い果たして終了です。

<2日目>
熊野山岳コース 45.8km E1 86位/100名出走
11294390_577974542342483_914407870_o.jpg

目標としていたステージですが、最初から足が重く、登坂勝負の千枚田の最初から踏めず回せずでした。
回復力がこれほど落ちているとは。

<3日目>
太地半島周回コース E1 1周 10km×3周  75位/96名出走

朝起きから起きれないくらい疲労。歳を感じますが、できるだけ踏むぞと意気込んで会場入り。
試走すると夜の雨で路面が濡れているところありましたけど、本番では問題なし。

しかし、問題は、回復していない足。
KOMが設定されている2周回めの登りで終了しました。

あとは完走目指して、周囲と協力してゴール。

お酒も控えましたが、長距離移動と3ステージは、年齢的に辛いものがありました。

乗り込みが十分であれば体力もあるのでしょうが、月800~1000kmは少なすぎる。
短時間高強度で、週2の通勤(片道40~60km)と週末練習会を頑張っていますが、絶対量が足りなさそう。

教訓はいつまでも、どれだけでも増えていくものですね。
  1. 2015/06/01(月) 00:00:01|
  2. 自転車
  3. | コメント:0

第4回 JBCF 堺クリテリウム



最後尾スタート、2段階で最終にはスプリントに絡むつもりが、ずっと後方インターバルを耐えて、無事ゴール的な大人しく終了。

コース狭くて安全策を取ったということで。
キツイ後ろのままゴールできたので体力には自身が付きました。

43位 358 大村 英哉 オオムラ フサヤ 熊本県 1001247 PURPLE MONKEY 8LAP 30:09 00:27 42.98km/h 15P

期日/平成27年5月17日(日) 大阪府堺市大仙公園周回コース【2.7km/1周】
Number of Starter= 82 Number of Finisher= 71
Did Not Finish= 11
  1. 2015/05/17(日) 11:45:00|
  2. 自転車
  3. | コメント:0

第3回JBCF きらら浜クリテリウム

jbcf_kirara-41-740x493.jpg

強烈な暴風雨でした。
スタートから全開走。
2周で力尽きました。周りは皆んな軽量級。

風に負けた...

330 大村 英哉 DNF PURPLE MONKEY 熊本県 1001247 - 3P

出走:41名
完走:29名
  1. 2015/05/03(日) 14:49:00|
  2. 自転車
  3. | コメント:0

第4回JBCFタイムトライアル南紀白浜&第5回JBCF白浜クリテリウム

20150418_shirahama1.jpg
VC FUKUOKA西村くんからキティちゃんリボンヘルメット拝借!

2015年4月18日、19日で和歌山県南紀白浜空港跡地で第4回JBCFタイムトライアル南紀白浜&第5回JBCF白浜クリテリウムでした。
20150418_shirahama3.jpg

20150418_shirahama2.jpg


個人TTは、DHバーを導入したけど、ドロップの上に付けただけのポジションで全く力入らず。写真のように腰入ってなくて全然踏めなかった。
次回は可変ステムできっかり出してみよう。

翌日のクリテ、3周回ごとのポイントレース。
チーム作戦は、最初のポイントで大堀さん列車で大村発射。足がある大堀さんはその後も取れるので私に最初のポイントを取らせてくれる算段。

20150419_shirahama4.jpg
最後尾ホームストレートから写真のバックストレートまでポジション大幅アップ。大堀さんの強烈曳き。

しかし、強烈すぎて、足いっぱいでこのあとズブズブ。

取り損ねた後は、最終を狙って最後尾で足を貯めるも、

20150419_shirahama5.jpg
またまたホームから単騎で上がるもバックストレートの写真の位置で力ついて、流してゴール。
2日とも足が重く、疲労回復できてなかった。次回きらら浜こそは。

51位 351 大村 英哉 05:50.08 41.13 PURPLE MONKEY 熊本県 オオムラ フサヤ 1001247 00:40 20P
60位 351 1001247 大村 英哉 オオムラ フサヤ 熊本県 PURPLE MONKEY 58 351 58 60 15P

21位 352 大堀 雅行 05:30.54 43.56 PURPLE MONKEY 熊本県 オオホリ マサユキ 1101262 00:21 20P
10位 352 1101262 大堀 雅行 オオホリ マサユキ 熊本県 PURPLE MONKEY 61 352 1 1 61 10 36P


  1. 2015/04/19(日) 00:00:00|
  2. 自転車
  3. | コメント:0

第1回JBCF舞洲タイムトライアル&第22回JBCF舞洲クリテリウム

久々更新です。
調子がいい時に鎖骨骨折し、その後仕事忙しくて練習をサボり弱体化。
復活してきて今年からようやくE1なので感慨深いものがあります。

ブログもぼちぼち気分が乗ったら記録を残します。
20150405_123950_8_bestshot.jpg
今シーズン初の実業団は、「舞洲」。それも土・日の2日間開催で、土曜日個人TT、日曜日クリテです。
実業団でTTが一気に増えたので、TTバー導入。バイク導入までは無駄な投資なのでバーどまり。
それでも、E2だと20位くらいの順位なので、昨年の白浜からすれば大成長。
ただ、E1だと60位。みんな速。

そして、TTのタイムに気分を良くして日曜日。E1の1組目決勝。
天候くもり。今年は雨男でなく何とか自分のレースは、九チャレ・曇り、選抜オープン・晴れと恵まれてます。
E1の2組目のチーム員大堀選手の時からは、残念ながら雨模様で、サイクルプラス金子選手のE2では土砂降りでした。
20150405_124212_6_bestshot.jpg

レースはというと、クリートキャッチ失敗して後方からスタート。
慌てずコーナーを中心に順位をぼちぼち上げて集団前方まで。
後は、集中して位置を落とさないようにインターバル。
集団の速度が早く、とても今の体力で逃げることはでいないので位置keepに徹して、最終周。
気合入れなおして1コーナーをアウトから被せて順位を上げるも2コーナー抜けてバックストレートでちょいビビって現状でいいかなと。3、4コーナー無難に回って、スプリントして無事終了。

昨年最終コーナー、早踏みして自爆したことからすれば、1戦目なので慎重になりました。
結果は次戦、白浜クリテから

H27.4.4第1回 JBCF舞洲タイムトライアル
60位 339 1001247 大村 英哉 オオムラ フサヤ 47 熊本県 PURPLE MONKEY 03:14.009 00:20 37.11km/h 20P

H27.4.5第22回 JBCF舞洲クリテリウム
33位 339 1001247 大村 英哉 オオムラ フサヤ 47 熊本県 PURPLE MONKEY 30LAP 35:36 00:05 42.96km/h 15P

続きを読む
  1. 2015/04/06(月) 15:04:28|
  2. 自転車
  3. | コメント:0

第46回 JBCF 西日本ロードクラシック 広島大会

2012070101.jpg


付け焼刃はきかず、もろくも1周目の序盤に終わりました。
頑張ったつもり、ワットもあがっていたので、もしかして・・・・・
+3-4kgの乗り込んでいない体には試練、千切れてからも完走目指すのは辛いのです。

続きを読む
  1. 2012/07/02(月) 00:00:00|
  2. 自転車
  3. | コメント:2

第16回 JBCF 栂池高原ヒルクライム

2012061001.jpg
長野県の栂池高原スキー場を登るヒルクライムです。
途中から残雪を横目に登り、辿り着いた先は初夏なのに白銀

雨降ってたし、とにかく寒かった。

続きを読む
  1. 2012/06/10(日) 23:59:59|
  2. 自転車
  3. | コメント:2

第4回 JBCF 3day's ROAD 熊野

2012060301.jpg

新しい職場でも無理やり自転車への理解をいただいて参加してきました「第4回 JBCF 3day's ROAD 熊野」。
写真は、3月まで仕上がっていたチーム員の雅やん。集団3位ゴールのシーン。

4,5月と忙しくて練習できていませんが、スプリントは強烈。

なにせ、大声でわめいて激走してきます。
応援も自然と昂ぶります!

30秒前にスタートしたE1との合流には乗れませでしたが、常に集団頭で走り結果をだしました。

一方、なぜか同じE2クラスに出走しながらゴールシーンを撮っている私は一体どうしたのでしょう?
・・・・・3年前と同じ。3日目はDNF、降ろされてジャージ反対着用の屈辱を今年も。
ぶーしっとです。


2012060201.jpg
2日目の棚田百選「千枚田」。調子がいいとあっという間。今年は長かったぁ。おまけに後半落車するし。

2012060101.jpg
1日目。今回の遠征は、チーム員の雅やん夫妻とサイクルプラスの金coさん。
道中にぎやかでした。

今週は栂池
楽しみは続きます。


  1. 2012/06/03(日) 23:59:59|
  2. 自転車
  3. | コメント:2

第2回 JBCF 比叡山ヒルクライム

2012052701.jpg

五木村~(1時間45分)~熊本市~(中国道)~琵琶湖ほとりの大津市の道のりは、休日昼間でも車が少ない。

サイクルプラスS石選手と2人旅ですが、適度なカーブを楽しんでいるとを10時間の道のりは近い。
最近は、関西ぐらいのは楽勝の距離。

大会会場まで30分ほど。滋賀県大津市に前泊。

あけて、駐車場に到着しコンビニに寄って帰ってくると、サルバトーレ中井選手(岐阜。ラブニールあずみの)と久しぶりの再開。
かなり乗り込んでいらっしゃるので、いい体つきでした。

そして、ローラーを忘れたので、周辺をアップ。
気持ちよく一汗かいて帰ってくると、...駐車場は静か。
会場まで5kmも離れていて、実業団のほとんどの選手が出発した後です。

スタートまで時間あるので、焦らずボチボチ移動。

大会は、一般の部も併催されていて、ずらっと並ばれている横をせっせと登る。

そして、E1クラス後ろの位置までくると、相方のS石選手。

「車をドアロックしといてやろうかと思った」と例によって毒舌

私のE2クラスには、なぜか筧五郎選手がいます。


スタートすると少しでも筧選手について行こうと前に。

でも。

はい、きらめきもない一瞬でした。


体が重すぎて話しになりません。

冬さぼりにさぼった体で、クラス3分の2程度の順位につけるまで少し戻したので、いまの時点では十分でしょう。

夏は頑張ろう。

というものの、今週は熊野3連戦です...


※写真は帰りのどこかのSA。
※ガーミン忘れて、データありません。20数分間の8.4kmのコースはあっという間。


  1. 2012/05/27(日) 22:56:52|
  2. 自転車
  3. | コメント:5

第16回 JBCF 舞洲クリテリウム

2012041500.jpg
冬眠したり、鎖骨治療の最後の入院したり、仕事が激務だったり、終いには山奥に異動になったりしたfusayaです。
みなさんお久しぶり。とりあえず、4月15日に遠征した「舞洲クリテ」を記録しときます。

2012041501.jpg
参戦したのは、まぁ、いつものメンバー。
パープルモンキー(雅やん、fusaya)、サイクルプラス(S石選手、金K選手)。写真中央どアップの雅やんは、昨年からの鍛錬からして、優勝する実力十分。

序盤から先頭でローテや逃げを潰したり。

2012041502.jpg
しかーし、体調不良のせいかゴールは集団内に埋もれてしまいました。

5月の堺クリテ、6月の熊野ではやってくれることでしょう。


あとの3人にもとりあえず触れますかね。
金K選手は、唯一のE1.安定感ありましたが、平坦勝負の本人曰く、「油断して下がったら、上がれず(泣」
一方、S石選手は、昨年と違い、乗り込みが現れてきていて、ラスト周回のバックストレートでは、仕掛けました。

雅やん「鳥肌がたった!」

わたし「笑った」

ともかく楽しい一瞬でした。


わたしはというと、最終コーナーで落車に巻き込まれましたが、ジャックナイフで寸前停止。

昨年同様落車の影響を受けましたけど、自身は落車せず、無事。

なによりでした。


今年も始まったばっか、いまからです。
とりあえず、山篭り高地トレ中。


2012/05/01記
  1. 2012/04/15(日) 23:59:59|
  2. 自転車
  3. | コメント:4

謹賀新年

あけましておめでとうございます

増量完了し、ただいま冬眠しています。
寒さが苦手なもので冬は逃避がいつものこと。
5kg増量したりすることもありますが、いまのところ3kg増で済んでいます

とりあえず、いつかは目覚めますwww
  1. 2012/01/01(日) 00:00:00|
  2. 自転車
  3. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。